生活

帰化申請と帰化許可申請?

帰化申請と帰化許可申請?

(公開: 2014年9月18日 (木)

仕事などで、長期にわたって日本に定住し、生活の拠点を日本に置くのならば、帰化申請を積極的に考えるべきです。申請により、日本人と対等の地位を得ることができるのです。自分の身の回りでも、仕事関係で知り合った外国の方は、ほとんど日本で生活をしていたのですが、長い間帰化申請をしないですごしてから申請したところ、生活のいろいろな場面で、外国人であることによる手間を省くことができるようになったとのことでした。帰化申請は、行政書士にお願いするみたいです。


フラッシュモブを頭の中でシミュレーションしてみる

フラッシュモブを頭の中でシミュレーションしてみる

(公開: 2014年9月 8日 (月)

フラッシュモブって実際にやるとどういう感じなのでしょうか。

動画を見たのですが、自分でやったらどうなるのか、

頭の中でシミュレーションしてみました。

 

成功するためには何が必要なのかなと思ったのですが、

練習とかも大事なのかなと思いました。

あれこれ考えますが、専門的にサポートしてくれる、

大阪のフラッシュモブ代行会社を頼りにするのが一番なのかもしれません。

 

こういうところに頼むことが出来れば、

自分は実行するだけを考えておけば良くて負担が少なく実現出来そうです。

 

参照:2.bp.blogspot.com/-wfH0QzYXqcw/UQiwiBlVMtI/AAAAAAAALnI/jvZ54tH90sY/s1600/valentine_heartbox2.jpg


土地の活用を考えてみる

土地の活用を考えてみる

(公開: 2014年9月 6日 (土)

始めに、ある人が破産を申し立てるまで債務のあるその人に対して電話による返済請求と債務のある本人の家への直接訪問での徴集は違法行為とはならないということです。

 

そして、破産に関する書類手続きに進んだあと請求までに無駄な手数がかかる際には強硬な回収を実行する確率が高くなります。

 

債権保持人サイドからすると借金の返金もすることなくかつ自己破産などの法的な対処もなされないといった状態であれば組織内での完了処理をなすことができないのです。

 

それだけでなく債権人の中には専門家に連絡していないと気づくと、けっこう強引な返済要求行為をしてくる企業も存在しています。

 

司法書士の方や弁護士事務所に助力を求めた場合、個々の債権保持者は債務者に直接取り立てを続けることが不可能になります。

 

要請を受けた司法書士の方もしくは弁護士の方は仕事を担うと書かれた書類を各債権者に送ることになり各債権者がその通達を手にとったときから被害者は取り立て業者による危険な徴集から解き放たれることとなります。

 

ここで、業者が勤め先や親の自宅へ訪れての集金は法律のガイドルールで許されていません。

 

登録を済ませている企業であれば会社や親の家へ訪れての返済要求は貸金業法に抵触しているのを把握しているので違反であると言ってしまえばそのような徴集をし続けることはないと考えられます。

 

破産の申請後は本人に対する集金を入れすべての返済要求行為は許されなくなります。

 

ゆえに債権者による返済請求はさっぱりとなしになるということです。

 

といっても、中にはそのことを知っているのに訪問してくる業者もゼロであるとは断言できません。

 

貸金業で登録してある企業であれば自己破産の手続き後の集金が貸金業法規制法のガイドに抵触しているのを把握しているので、違法だと伝えれば、法外な収金をやり続けることはないと言えます。

 

ただ裏金という通称の未登録の会社に限ってはこの限りではなく、法外な取り立てが原因の被害が減らないのが今現在の状況です。

 

ブラック金融が取り立て屋の中にいるときにはどういう事情があれ弁護士および司法書士などの法律屋に助けを求めるようにする方がいいと思います。


テスト

テスト

(公開: 2014年9月 3日 (水)

テスト記事です。