2016年3月

株の初心者が初めから難易度のある

株の初心者が初めから難易度のある

(公開: 2016年3月25日 (金))

株の初心者が初めから、難易度のある売買をするのは避けた方が安全です。例えば、株では空売りして利益を得る手段があります。空売りとは、売りから始める信用取引のことを言います。空売りなら株価が下落した際にも利益を狙うことができます。しかし、リスクもあるので、空売りは株の売買に十分なじんでからするべきだといえます。株式投資の初心者から投資資金はいくらぐらいで始められるのかと問われたら、自分は最低100万円ほどは用意しないと、株式投資にとりかかることは困難だと思います。その理由はこの程度の資金があれば上場されている多数の銘柄の中から目についた投資先を取捨選択することができるからです。円安の意味とは、円の価値が他国の通貨よりも相対的に下落していることを言うのです。円安になりましたら株が上がりやすくなっています。輸入産業では、輸入にかかるコストがあがってしまい収益が減ってしまいますが、逆にいえば、輸出企業の業績は好転します。つまり、自動車や機械などの日本製の商品が売れやすくなり、その結果、業績があがり、株価が上昇するのです。株の投資の世界ではテクニカル指標を活用して株の投資を行っている人たちが多数います。そんなわけで、株投資の初心者もテクニカル指数については一通り、書籍などで学んでから株式の売買などを始めた方が、勝つ度合いが高くなると思います。株の経験がない方だけでなく、株式投資をする人の大半はできる限り安価な手数料のネット証券に口座を作るべきだと思います。なぜかといえば、株式を売買する為の手数料が安上がりなら株式投資の売買がとても臨機応変にできるからです。株の空売りをする株式投資のビギナーは少ないと考えられています。しかしながら、株式投資を長期間続けていこうと意識しているのなら、身につけておいたほうが得策だと思います。なぜかというと、空売りを理解するということは買う側の気持ちだけでなく、売る方の気持ちも気にしていくようになるので、行える取引の幅が広まり、株取引がより楽しめるようになるからです。株を持つ場合、自身の資金に対しての利回りを意識すると思うのです。銀行に預けるとしても大して利息がつくことのない現在では、債券や定期預金、国債や投資信託に比べ、利回りが悪くては投資の意味がまったくありません。きっちりと利回りを意識しながら投資を行っていくのが重要です。株をやったことのない方が、決算書を読みたいと思っても、報告内容がさっぱり理解できないかもしれません。けれども、心配しなくても平気です。投資の手段を株の短期売買に限れば決算書を気にせず黒字にできるからです。株式投資をした場合、所得税の譲渡所得や配当所得などを考えた上で、確定申告しなくてはいけません。ですが、特定口座の利用をしたときには、こういう税務に関する計算は金融機関が計算してくれますし、場合によっては確定申告不要です。このため、株を始めたばかりの方にとってひときわお勧めです。私は最近、株式を始めたばかりの初心者で、株投資ビギナー用の本を購入し、勉強中です。役立ちそうな本もあれば、「あれれ?こちらの本と書かれていることが違うな?」と少し疑いを持つ本もありましたが、良い部分も悪い部分もみんな勉強していきたいです。キレイモ 島根